gavotte.jpg
Studio Harmonics

Since 1st November 2020

©株式会社エー・アイ (©A.I Co.,Ltd.)

 

Harmonics という言葉の意味

 

 Harmonics には音楽用語で「倍音」という意味があります。

 実はそのことを知ったのは、名づけて名前を公表したあとだったのですが
 その意味を人から教わったとき、全身に鳥肌が立ちました。

 高校時代、合唱部に所属していた時の記憶と
 私がスタジオで目指そうと思っていたことが見事に重なったからです。

 ここに記すために知識を整理しようと、改めて「倍音」という言葉を調べてみましたが

古来合唱などで、本来聞こえるはずのない高い声がしばしば聞かれる現象が知られており、
天使の声」などと呼ばれて神秘的に語られていた。

これらは倍音を聴取していたものだと現在では考えられている。  (ウィキペディアより引用)

 これよりあとの専門的な説明はあまり心に響かなかったため、
 自分の記憶にある言葉で記すため、事実と異なっていたらスミマセン。

 「音程」「音量」「音色」の調和が整ったとき「天使の声」が聞こえてくる。

 そう言われて、真夏の音楽自習室(3畳ほどの広さだったでしょうか)に
 部員全員がラッシュ時の満員電車のように身を寄せ合って
 仲間の声に耳を傾け、自分が出せる一番良い音色・良い音程を目指して声を発しました。

 初めのうちは「3者の調和」という条件を満たすことができず、
 なかなか「天使の声」は聞こえませんでしたが、繰り返すうちに確かに聞こえたのです!

 微かながら、誰も発していないはずの美しい高音の声が!
 聞こえた時には鳥肌がたち、感動で涙が出ました。

 「天使の声」に届くために正確な「音程」と深みのある「音色」を求められました。
 それを実現するためには、基礎を大切にコツコツと努力を積み重ねることが必要です。

 そして仲間の声に耳を傾けハーモニーを成す「音量」で発すること同時に求められました。

 これはバレエも全く同じことが言えます。

​ 基礎を大切に、日々努力を積み重ね
 仲間を思いやり、仲間の息遣いも感じながら心をひとつに表現する。

 Studio Harmonics では調和を大切に、仲間とともに自分を磨くことを目指してまいります。

なぜバレエ×ピラティス?

 

 私は子供の頃から運動神経が鈍く、不器用でした。

 コーディネーションが下手くそで、バレリーナには不似合いなほどマッチョに。
 故障が多いことも悩みでした。

 

 大人になってからピラティスに出会い、それから少しずつ身体に変化が起こりました。

  

 

表現の基礎となる
健やかな体と豊かな心を
ともに育むことを目指します

 

​Philosophy

“Studio Harmonics”という名前に込めた意味
​スタジオの活動理念

Ballet & Pilates - Studio Harmoics

〒270-0121 千葉県流山市西初石3丁目98-36 サンセットビル2階

©2020 by Studio Harmonics