Ballet

クラシックバレエを基礎から学び、音感・運動神経を養い、豊かな情操を育みます。指導者は安全に踊るために必要な知識を日々アップデートしながら、ひとりひとりの持てる可能性を十分に引き出せるよう努力します。自らの体で音楽を表現する喜び、踊ることの楽しさ、仲間とともに創造する喜び・感動をひとりでも多くの人に味わっていただきたいと思い、日々情熱と責任を持って指導を行っています。

ballet_a.jpg

​プレクラス

(対象:3歳~小学2年生程度)

​音楽に合わせて全身を動かしていくことで、楽しく音感・運動神経を養います。安全に踊ることを第一に、未成熟な関節に負担をかけるようなストレッチは行わず、動きの中で柔軟性の向上を目指します。

ballet_b.jpg

基礎クラス

(対象:小学生初心者)

正しい姿勢をつくるために床でのエクササイズからスタートします。そして、主に両手バーの基礎レッスンを大切にすることで体幹の安定や体の方向性を意識しつつ、プリエ・タンジュなど、基礎的な動き・ポジションを学びます。レッスン後半のセンターレッスンでは、バーで習得した動きに加えて、ポール・ド・ブラ(腕のポジションや動き)や、移動を伴うパなどで空間を意識して踊ることにも挑戦します。

初等クラス

​(対象:基礎修了以上の能力がある者)

片手バーになっても正しく軸を保ち、腕や脚、顔など全身を協調させて動くことを目指します。基礎クラスと比べ、可動域も大きくなり、ピルエット(回転)などのテクニックにも挑戦します。センターレッスンでは、アンシェヌマン(パのつながり)も長くなり、集中力・持久力も養います。

条件を満たしている生徒はドゥミポアントシューズ等、トゥシューズで踊ることに向けた準備も始めます。

また、初等以上の生徒はピラティスやConditioning & Training のクラスが受講可能。安全に踊るための身体づくりのボディーワーククラスに参加することができます。

中等クラス

​(対象:中学生以上、経験者)

バーレッスンからセンターレッスンまで、より高度なテクニックにも挑戦します。ポアントクラスではバーからセンターまで全てトゥシューズで行います。

​また、中学生以上は前述のボディーワーククラスに加え、マスターストレッチのクラス受講も可能に。バレエダンサーのために開発されたボディーワークを取り入れていくこともできます。

ヴァリエーションクラス

​(対象:原則的に週3回以上受講している初等・中等の生徒)

バーレッスンで体の基礎を整え、その後はひとりずつ古典ヴァリエーションを指導します。演目は本人の希望を聞きつつ、個々の技量や課題を加味して指導者と相談して決定します。

​※ 現在休止中

ビギナーズクラス

​(対象:大人初心者)

憧れていたバレエに挑戦してみたいという方、子供の頃に経験はあるけれど怪我や受験などのためにバレエから離れてしまったという方など、ゆっくりと基礎から指導します。音楽に合わせて体を動かすことで、心も体もスッキリ、健やかに、美しく。